*

oisix おいしっくす 高橋養鶏場 ふわとろオムレツ

公開日: : ネット通販, レシピ, 料理, 食事

DSC_8416

おいしく食べる説明書にあったお勧めでのオムレツを作りました。

私はオムレツを作るのが苦手でしたが、コツさえつかめばとろふわのオムレツが作れます。

材料
A. 卵2個
B. 牛乳 50cc
C. とろけるチーズ 少々
D. バター 10g

まず火の通りにくい食材を入れる場合は先に温めておく

1. A~Cをボールで混ぜます。
2. 強火でフライパンを温め、ごく少量の油を馴染ませます。 油が球になるのは多過ぎです。
3. フライパンが十分温まったら中火にし、フライパンを濡れふきんで少し冷まします。
4. 卵を少し混ぜなおします。
5. フライパンを火に戻し、バターを入れ半分くらいまで溶かしフライパン全体に広げます。
6. 卵をフライパン全体に広がる様に投入し、強火に戻します。
7. フライパンを前後に振りながら、卵を少しかき混ぜます。
8. 何か食材がある場合はここで投入
9. フライパンに横に2本の線を入れて3等分するイメージで、手前の部分を奥に折り返します。
10. フライパンの手前を持ち上げて、奥に滑らせて行き同じように手前に折り返します。

少し不格好でも後で整えるのOKです。

11. ひっくり返してお皿に盛りつけます。
12. クッキングペーパーで形を整えます。

後はお好みでケチャップなどを入れればOKです。

ポイントがいくつかあります。

①乳製品を混ぜること。
卵だけよりおいしく簡単です。

②3のフライパンを冷ますこと。
初心者はアツアツのフライパンでは作業する時間が足りません。

③7~10を強火で手早くすること。

オムレツは最強の火力で手早くやった方がおいしく簡単にできますが、フライパンが熱すぎると失敗してしまします。

DSC_8413

今日はグラタンに入りきらなかった炒めたたまねぎと鶏肉を混ぜて作りました。
おいしかったですよ!

Oisix(おいしっくす)

forPC

関連記事

DSC_0069

らーめん炊き込みごはん

ラーメンを食べた後、スープも飲みたくなるんですが… まずは普通に米を洗います。 そこへ残り汁

記事を読む

DSC_0365

豆ごはんで出汁茶漬け

春になると何度か豆ごはんを炊きます。 我が家では水加減はやや少なめが好みなので、うすいえんどうをい

記事を読む

2013-12-08 14:26:34

豆乳クッキーダイエット

気温が下がり、すっかり走る回数も減り体重も増えつつあるので、ささやかな抵抗をすることにしました。

記事を読む

image

ちょい茹で卵でTKG

卵かけごはんは通常冷蔵状態の物をそのままごはんにかけ、お好みの薬味などと混ぜて頂きますが、せっかくの

記事を読む

DSC_8509

あごだしキムチ鍋

鍋をすると材料が残って続ことが多いのですが、同じ味だと飽きてしまいます。 でも同じ鍋でも少し手

記事を読む

DSC_8746

城崎温泉 旅館 錦水

今回は旅館 錦水さんにお邪魔しました。 チェックイン時間前でしたが車を置かせて頂き湯めぐりパス

記事を読む

DSC_0014

煮込みミートボール

一口大のハンバーグをきのこと煮込みました。 材料 1.バター20g 2.玉ねぎ 半分(みじ

記事を読む

DSC08679

牛タン赤ワイン煮込み

冷蔵庫に牛タン 500g とホットで少し飲んだだけのグリューワインがあったので、牛タンの赤ワイン煮込

記事を読む

DSC_8520

oisix 牛乳飲み比べ

おいしっくすとスーパーの牛乳を飲み比べてみました。 これも飲み比べると若干濃いかなってくらいで

記事を読む

IMG_6768

スパム卵サンド

漬け冷凍卵オニギラズや混ぜそばなんかで黄身だけ使ったヤツは、サンドイッチやまたまたオニギラズに入れち

記事を読む

forPC

forPC

img_0027
2016年 丙申 お遍路逆打ち 8日目

この日はあと4つ参拝するだけなので朝はゆっくりです。 昨夜スーパーで

img_9927
2016年 丙申 お遍路逆打ち 7日目

この日は早く到着したので7時に納経所に行けるように行動開始。 6

img_9832
2016年 丙申 お遍路逆打ち 6日目

7:10 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

img_9592
2016年 丙申 お遍路逆打ち 5日目

今朝は7時に合わせて行動です。 6:59 第40番札所 観自在

img_9481
2016年 丙申 お遍路逆打ち 4日目

深夜に大阪市を出発し圓明寺へ。 6:50 第53番札所 圓明寺

→もっと見る

  • Oisix(おいしっくす)
PAGE TOP ↑